075-335-0220

押してください。電話がかかります。

睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群の検査・治療

睡眠時無呼吸症候群は睡眠中に呼吸が停止することにより、昼間の傾眠、高血圧、心臓病、うつ病などの原因となる病気です。以下の症状がある方は睡眠時無呼吸症候群を疑う必要があります。

  • 昼間に眠気がひどく、寝ては行けない場面で居眠りをしてしまう事がある。
  • 降圧剤を使用しているがなかなか血圧が下がらない。
  • 最近急に体重が増え、身体がだるい。
  • いびきがひどい、いびきが急に止まることがあり家族から指摘を受けている。

睡眠時無呼吸症候群が疑われる方には、ご自宅で器機を装着して睡眠中に検査を行う簡易PSG検査を行います。この検査は保険適応があり、3割負担の方で約3,000円となります。

その結果、重症と診断された方はご自宅でマスクを装着して行うCPAP治療を行います。

軽度の方は、歯科でマウスピースを作成する治療、または、病院をご紹介して入院による精密PSG検査を行いCPAP治療の適応を判断します。